公務員専門学校の費用

公務員試験専門学校を選ぶ際に、やはり気になるのは学費です。できるだけ安い学費の専門学校を選びたいと思う方は多いかもしれませんが、学費がいくら安くても、講座のレベルが低かったり、専門学校ならではのサポートを受けられなかったりしては、お金が無駄になるだけです。公務員試験専門学校を選ぶ場合は、各校から資料を取り寄せて、費用対効果が優れている、コストパフォーマンスの高い専門学校を選ぶのが大切です。

ほとんどの公務員試験専門学校は、入学金が必要です。大手専門学校の入学金は、1万円程度のところが多いです。最近では、入学金が不要の専門学校も増えています。また、公務員試験には大卒公務員、高卒公務員、社会人経験者など、さまざまなコースがありますが、どこも一番費用が高いのは大卒公務員のコースのようです。それ以外の試験を受験する方のコースは、大卒公務員より費用が割安の場合が多いです。

公務員試験専門学校には、実際に通学して学ぶコースと、通信講座で学ぶコースがある場合が多いです。大手の専門学校であれば、通学も通信も、どちらも遜色ない充実した授業が受けられます。受講にかかる費用は、入学金と受講料合わせて20万~50万ほどの価格帯が多いです。中には5万円代で受けられる通信講座や、年間100万円ほどかかる専門学校もあり、専門学校の受講料は幅広いです。値段も大切ですが、カリキュラム内容とサポートで選ぶのがおすすめです。