公務員専門学校の費用

公務員試験専門学校を選ぶ際に、やはり気になるのは学費です。できるだけ安い学費の専門学校を選びたいと思う方は多いかもしれませんが、学費がいくら安くても、講座のレベルが低かったり、専門学校ならではのサポートを受けられなかったりしては、お金が無駄になるだけです。公務員試験専門学校を選ぶ場合は、各校から資料を取り寄せて、費用対効果が優れている、コストパフォーマンスの高い専門学校を選ぶのが大切です。

ほとんどの公務員試験専門学校は、入学金が必要です。大手専門学校の入学金は、1万円程度のところが多いです。最近では、入学金が不要の専門学校も増えています。また、公務員試験には大卒公務員、高卒公務員、社会人経験者など、さまざまなコースがありますが、どこも一番費用が高いのは大卒公務員のコースのようです。それ以外の試験を受験する方のコースは、大卒公務員より費用が割安の場合が多いです。

公務員試験専門学校には、実際に通学して学ぶコースと、通信講座で学ぶコースがある場合が多いです。大手の専門学校であれば、通学も通信も、どちらも遜色ない充実した授業が受けられます。受講にかかる費用は、入学金と受講料合わせて20万~50万ほどの価格帯が多いです。中には5万円代で受けられる通信講座や、年間100万円ほどかかる専門学校もあり、専門学校の受講料は幅広いです。値段も大切ですが、カリキュラム内容とサポートで選ぶのがおすすめです。

公務員専門学校の選び方

公務員専門学校を選ぶなら、いくつかのポイントを押さえた学校選びが大切です。公務員試験は、専門学校に通うだけでは受かるものではありません。しっかりと自分に合った専門学校を選ぶ事から、公務員試験に向けての準備が始まっているといっても過言ではありません。

まず、公務員試験専門学校は、自分が通いやすい場所を選ぶのが一番です。自宅や職場、学校に近いなど、無理なく通える範囲の場所にある専門学校を選びましょう。なぜなら、公務員試験は、専門学校で学んだ知識をしっかり予習復習して、身に付ける事が合格への方法です。そのため、遠くの通いにくい専門学校を選んでしまうと、必然的に自習時間が短くなってしまいます。通学時間がかかればかかるほど、自習時間のロスになってしまうため、自分が通える範囲の中から公務員専門学校を選ぶのは重要なポイントです。

公務員専門学校を選ぶ場合は、やはり大手の専門学校を選ぶのがおすすめです。歴史があって受講生が多い専門学校ほど、公務員試験に関するノウハウをたくさん持っているからです。公務員試験を受けるにあたり、情報はとても大切です。志望する各機関の試験情報や、これまでの面接の質問傾向など、情報を得やすい専門学校に入学するのは、それだけで大きな強みになります。

参照【資格の大原・専門学校

公務員試験は専門学校がおすすめ

公務員になるためには、公務員試験に合格しなくてはなりませんが、公務員試験に合格する人のほとんどが、公務員試験対策の講座がある専門学校を利用しているのです。公務員試験は非常に難関の試験と言われており、独学での公務員試験合格は容易なものではありません。公務員試験のための専門学校なら、公務員試験合格のために、あらゆる角度からサポートしてくれます。

公務員試験のための専門学校は、公務員試験合格に関するノウハウがあるので、公務員試験に有利です。過去の公務員試験の出題傾向をもとに、公務員試験対策をしっかり練っているので、合格に向けて実践的なカリキュラムを受けられます。また、公務員試験に欠かせない面接対策や論文対策などもサポートしてくれます。面接や論文は独学での学習は難しいので、公務員試験対策に大いに役立ちます。

公務員試験に強いプロの講師が指導してくれるので、効率よく合格に向けて学習できるのが公務員試験専門学校の強みです。公務員試験専門学校の中には、大学生や社会人でも無理なく通えるカリキュラムを採用している専門学校もあるので、自分のライフスタイルにあわせて専門学校で学ぶことができます。公務員試験専門学校は、日本中に数多くの学校があります。公務員試験専門学校を選ぶ際には、失敗しないポイントなどを知る事で、合格に強い専門学校を選ぶことができます。当サイトでは、公務員試験に強い専門学校を選ぶポイントやおすすめをご紹介いたします。